森の木

ヨガセラピー

ひとりひとりに合わせたヨガを

ヨガセラピーとは

このような症状のケアに

クラスの流れ

ヨガセラピーは、西洋医学と併用して取り入れることのできる、副作用のない安全で効果的な療法です。
インドでは、かつてから西洋医学と共に統合的な治療の一端を成すものとして取り入れられており、アメリカでも近年、代替医療でなく、補完的治療として一部保険適用までも認められてきています。

1人の人間を身体だけでなく、より全体的に捉えるヨガの考え方を基に、マットの上でのプラクティスのみならず、精神や感情、ライフスタイル等を見つめ直すホリスティックなアプローチをとっていきます。

病気の原因を意識し理解すること、ヨガのプラクティスを生活の中へ取り入れることで、抵抗力や免疫力を上げ、病気の予防や治癒を目指すヨガセラピーは、様々な不調の改善や回復の効果が数多くの大学、病院や研究機関で証明されています。

SAYAYOGA & THERAPY STUDIOでは、講師全員がインド中央政府科学技術省ヨーガセラピー研究財団ヴィヴェカナンダヨガ(vyasa)認定ヨガセラピストの資格を有しています。
上記研究財団は、ヨガセラピーと西洋医学の架け橋として、研究を通し、ヨガセラピーの効果を科学的に裏付ける多くの論文を発表しております。

このような研究に裏付けられた疾患ごとのプログラムを基に、お一人お一人の状態に寄り添う形でカスタマイズ・アレンジを加えながら、1:1で進めていきます。

主に下記の疾患に対して、ヨガセラピーの緩和的効果が認められる論文が発表されています。


 

 

・呼吸器系疾患(ぜんそく、気管支炎など)
・循環器系疾(高血圧、狭心症など)
・消化器系疾患
(過敏性腸症候群、慢性胃潰瘍、便秘など)
・内分泌系疾患(糖尿病など)
・生殖器系疾患
(生理不順、PMS、更年期障害、不妊、多嚢胞性卵巣症候群など)
・神経系疾患
(不安症、うつ病、自律神経失調症、てんかん など)
・筋骨格系疾患
(慢性腰痛、肩こり、関節炎など)

 

 


その他、頭痛、不眠症、ストレスマネジメント、がんの緩和ケア等、様々な状態の緩和・軽減・改善に、伝統的で科学的に実証されているヨガのツールから適切な方法をお伝えします。

その内容は、一般的にグループクラスで行われることの多いアーサナ(ポーズ)だけではなく、呼吸法、リラクゼーション、浄化法、瞑想、カウンセリング等。その方の状態に適している場合には身体を動かさないセッション、立位の含まれないセッションなど、自由にアレンジすることが可能ですので、身体の可動状態は一切問いません。

日本では、ヨガを上記のような症状への対策として役立てるという考え方はまだ新しく、ピンと来ないかもしれません。ご自分の健康と積極的に向き合い、家庭で行える日常的な方法を通して「症状の緩和」「症状の進行の予防」「再発の予防」など、ご自分の健康管理をしていきたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。

・初回に問診や、症状によって必要なパラメーターの測定(血圧・脈拍など)を通し、コンサルテーションを行います。

           ↓↓↓

・お伺いした内容を元に構成した、お一人お一人に最適なプラクティスをスタジオにて、セラピストと共に練習します。

           ↓↓↓

・ご自宅でも、出来る範囲で練習を一定期間続けていただいた後に、その状態を元に、プラクティスの内容を調整・次のステップへと進展させ、継続的なサポートを行っていきます。


継続的な練習により徐々に効果を感じられる方が多く、10回程度の継続受講を目安にお勧めしておりますが、ご希望に合わせて単発でも承っておりますので、頻度はお気軽にご相談ください。

 



           

           費用: $120
      5回   $550 (3ヶ月有効) 
      10回 $1000 (6ヶ月有効)