日本人グループのためのヨガインストラクター養成講座

YICCとはなにか?

YICCはインド、バンガロールにあるヨガ研究大学 ”Swami Vivekananda Yoga Anusandhana Samsthana (S-VYASA)” により考案された、ヨガインストラクター認定プログラムです。 S-VYASAはアメリカやイギリスにおける共同研究でも有名であり、世界20ヶ国もの多くの国で研究成果を認められています。

YICCではヨガの指導法を体系的に学ぶ事が出来、ヨガのアーサナ(ポーズ)、プラナヤマ(呼吸法・調気法)、クリヤ(浄化法)および、ヨガに関する文献やヨガ哲学の真髄といった様々な側面を全体的に関連付け、ヨガを全体像として捉え理解を深めます。
つまり、このコースを受ける事はヨガの指導テクニックを学ぶだけでなく、自身の洞察力や自信を高め、自己への気付きをより深くし、自己を啓発することへも繋がります。

シンガポールではこの認定プログラムはVYASA Yoga Singaporeで受講する事が出来ます。
(※SAYAYOGAはVYASAYOGAの提携校であり、こちらのコースは、シンガポールで唯一日本語通訳付きで受けられる日本人グループの為のインストラクター認定コースです。)

YICCの構成

YICCのプログラムはS-VYASAの30年以上にわたるヨガとスピリチュアリティー分野における綿密な研究に基づいて構成されています。 プログラムの背景にある研究はすべてインドの宗教家でありヨガ指導者である、スワミ・ヴィヴェカナンダ師の「西洋の現代科学の知識と、東洋のヨガや精神面における知識・哲学の融合こそ世界の調和と平和に繋がる」との思想に従って行われています。  現在、世界中でYICCを広めている目的は、全包括的なビジョンとヨガの精神を、我々の人生に取り入れることです。 これにより、我々はより健康で精神的にも強く、安定した心を持ち人と調和する事が出来るようになり、更に個人個人の効率、能力の向上、成長をも期待できると考えています。 また、個人個人がこのようにポジティブな変化をすることによって、現代社会の諸問題を解決し、理想的な社会秩序を築く助力となることを目指しています。

ヨガインストラクターの認定を受けることにより・・・

1. 優れたヨガ大学の研究に基づいたプログラムにより、ヨガを科学であり、同時に哲学であると理解することが出来る。

 

2. 自己認識、自己への気付きが深まる。
 

3. 心と体、魂を融合させることが出来る。
 

4. ヨガを全包括的に哲学的に考えることが出来る。
 

5. ホリスティックリビング(体・心・魂・環境・食事など全てを包括的に捉える視野で健康や人生を考える)を送ることが出来る。
 

6. ストレスを減らす、またはコントロールする事が出来る。
 

7. プラナヤマ(呼吸法)やディヤーナ(瞑想)により、記憶力や創造性のアップ、心の安定を図ることが出来る。
 

8. 社会の貢献できるヨガインストラクターになるスキルを身につけられる。

YICCの概要

YICCは次の2つのパートから成り立ちます。

・講義 80時間

・フィールドトレーニング 120時間

80時間の講義の構成【PART 1-理論】

1. ヨガ:ヨガの必要性・コンセプトと定義

2. ヨガの基本

3. ヨガの様々な流派と多様性

4. 理論:ヨガの練習法、アーサナ(ポーズ)、プラナヤマ(呼吸法)、クリヤ(浄化法)、瞑想

5. ヨガの応用、適用法

6. ヨガテラピーについて

7. 教育的応用

8. ストレスとヨガ

9. ヨガとダイエット

10. ヨガの指導法(8ステップ法)

80時間の講義の構成【PART 2-ヨガのプラクティス】

1. 呼吸法

2. ルーズニング

3. ヨガアーサナ(ポーズ) 基本のポーズ(立位、座位、伏臥位、仰臥位)

4. リラグゼーションテクニック (IRT,QRT,DRT)

5. プラナヤマ(呼吸法・調気法)

6. サイクリックメディテーション

7. クリヤ(鼻腔と胃の浄化法、クレンジングテクニック)

8. ムドラーとバンダ

9. ヨガの指導法:プラクティス

120時間のフィールドトレーニングの構成

PART 1-120時間のヨガ指導

それぞれがヨガの指導120時間の実習を行います。この120時間を終了するまでの時間は、人により1ヶ月から2年までと、各々のペースに任されています。VYASA Yogaのスタジオを使用して、受講生同士がグループメンバーと順番にインストラクター役をし、プラクティスをすることもこれに含まれます。また、他のヨガインストラクターの実際のクラスでアシストをすることも120時間の実習とみなされます。この120時間の内訳を実際に記録し、120時間のティーチングプラクティスとしてまとめたレポートを提出します。

 

PART 2-ヨガに関連したテーマでレポートを提出

受講者はヨガに関連した題材をリストの中から一つ選ぶ、もしくは自身で題材を決め、レポート形式で提出します。卒業生のレポートを参考にしながら、オリジナルのレポートを作成します。これはヨガを学ぶという意味で興味や探究心をさらに向上させる目的もあります。ヨガに関連したトピックスでのレポート、及び120時間の実習を終えると、受講者はインド、バンガロールS-VYASAの副学長の承認を受け、インストラクターとして認定を受けます。この認定資格は大変価値のあるものであり、世界中で通用する資格として知られています。

次回開催予定日:2020年4月中旬~6月下旬
受講料:S$2,900


※(月)(木)の週二回 9:00-13:00
※ご希望の方は、全米ヨガアライアンス資格も同時に取得可能です。(上記にプラス料金がかかります。)
※期間中、止むを得ず欠席される方は補講(英語の可能性もあります)を受ける事ができます。
※SAYAYOGAはVYASAYOGAの提携校であり、こちらのコースは、シンガポールで唯一日本語通訳付きで受けられる日本人グループの為のインストラクター認定コースです。
※VYASAで学ぶ教育内容はインド中央政府で認定されている内容であり、SAYAyogaが変更することはありません。

※SAYAyogaではインストラクター資格取得に必要なレポートの確認、審査、日本語クラス参加者とのコミュニケーション及び業務連絡、最終筆記試験の審査、80時間内の日本語通訳、お申し込み時の受付窓口を担っております。
※80時間の講義の講師は、マノジタークル先生及び経験豊富な専門のインド人講師です。
※80時間のクラス修了後、SAYAyogaにて経験豊富な日本人講師陣によるテーチングスキル等のインストラクターの為の講座をご用意しております。(追加料金、希望者のみ)

Master. Manoji Thakur,M.S.c in Yogic Sciences

講師プロフィール
 

マノジ先生は20年前からヨガの教えを伝えており、また素晴らしいヨガスクール”VYASA Yoga Singapore”を立ち上げ、人々に貢献しています。

“VYASA Yoga Singapore”は、ヨガインストラクター養成コース(YICC=Yoga Instructor Certificate Course、DYT=Diploma in Yoga Therapy)やヨガセラピーなどの様々なヨガワークショップ、そしてヨガのカンファレンスを主催しています。

 

マノジ先生はインドのバンガロールにある、世界的に有名なヴィヴェーカーナンダヨガ大学の素晴らしい講師であり、重要なヨガインストラクターでもありました。

その後、数多くのヨガインストラクター養成コースをシンガポールで行い、トレーニングした生徒の数は1,500名を超えています。

また、彼は豊富な経験を買われ、インドのラージャスターン州アジュメールにあるインド政府大学(MDS大学)のヨガ部門で、4年間、様々な資格や証明書コースを開催してきました。

 

インドの首都デリー、その他バンガロール、リシュケシュで行われている国際ヨガカンファレンスの開催メンバーの一人としても活躍しています。

 

インドのグワーリアルにある、ガン治療の専門病院&研究センターでも、 マノジ先生は深い知識を有するヨガセラピストとして貢献しました。

ヨガと瞑想を通して、喘息、高血圧、腰痛、うつ病、心配性、関節炎、糖尿病、消化器系の不調、肥満のような様々な病気(ここでは心身症=心から来た病気と定義付けされます。)に対処するために彼の広大な知識はとても役に立っています。

【次回開講】2020年4月中旬~6月下旬予定

ヨガインストラクター

サティフィケイションコース日本語通訳付き


【日程】2020年4月中旬~6月下旬予定(5月14日よりお申込み開始)
【曜日】上記期間の毎週月曜日/木曜日
【時間】9:00-13:00

【場所】Vyasa Yoga Singapore (Farrer park Exit B 徒歩5分)
【住所】Civil Service Club #03/05, 60 Tessensohn road, Singapore 217664

※託児付きのヨガインストラクター養成講座も開講予定です。
(開講人数6人以上+S$500/6人未満+S$700)

上記は、通常料金S$2,900にプラスされる

次回は2020年4月中旬開講予定です。

 お申込み、お問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

Please reload

お問合せ / ご質問